記事一覧

韓国系米国陸軍軍曹がISISに忠誠を誓い極秘軍事情報漏洩

韓国系米国人軍曹Ikaika Erik Kang(34)が、ISISに忠誠を誓い、米軍の機密文書を漏洩。
ハワイでFBIのSWATチームにテロ容疑で逮捕される。ハワイ太平洋司令部 第25歩兵師団所属。


18の軍の文書がパソコンから見つかり、その内の16は、機密文書。
カン軍曹は、ISISに渡してくれると信じる相手に渡していた。
最終的には、ISISには渡っていない模様。

カン軍曹は、以前に米国陸軍の最高レベルの戦闘指令教育を受けており、自らの訓練中の様子を写した動画も、カン軍曹がISISメンバーと信じる相手に渡していた。

昨年、フロリダ州のオーランドで起きた同姓愛者が集うPulse Nightclub での銃撃事件に関し、「銃撃犯は、やるべきことをやっただけだ」と語っていた。
さらに、ヒットラーのユダヤ人の大量虐殺は正しいことだと言っていた。

カン軍曹は、FBIの囮捜査官にテロリストを肯定し、人種差別的発言をしていた。
ISISのリーダーであるAbu Bakr al-Baghdadiに忠誠を誓ったことで逮捕された。

イラク、アフガニスタン、韓国での従軍経験があり、数多くの表彰歴あり。
カン軍曹の弁護士は、カン軍曹は、従軍関係で精神異常になり、政府もそれを知っていたが無視したと言っている。

米国陸軍は、カン軍曹は2016年から過激化したと考えている。


http://m.koreatimes.co.kr/phone/news/view.jsp?req_newsidx=232842
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FAKEBOOK BUSTER

Author:FAKEBOOK BUSTER
国際政治アナリストですが、国内問題や反日左翼、パヨクなどについても書きます。