記事一覧

自民党二階幹事長、またも、朝貢外交! 2017/05/17

自民党二階幹事長、またも、朝貢外交!
この人、早く国会から追い出すべきじゃないかな?



中国を訪れている自民党の二階幹事長に対して・・・

習近平「日本は、軍国主義の歴史を美化し、歪曲するいかなる言動も許さない」


二階「はい、心得ております。中国と日本が協力し合うことによって、何でも出来るんではないかという皆が自信を持つこと、これが私たちにとって、今度お伺いした最大の収穫であると」 「習主席を含めた要人を日本に是非、送って欲しい」

「中国の計画(一帯一路計画)をして、ここまで持ってこられたご努力に敬意を表しながら、日本としては最大限協力をしていくつもりです

「一大一隅の大きなフォーラムが開催されることを成功されるように、我々も日本側からも、最大限の協力をしたいと思っております

「難しい状況に話を持って行こうとする人も、両国の間にいないわけではないですけども、妨害は許されない。そんな事をしようという人は、数は少ないと、我々は、日中友好を心から願って、ずっと、努力をして参りました。この道に間違いは無いと、こう、確信しておりますから。」



これは、完全に自殺行為。 二階は、AIIBへの加盟にまで言及した。要するにAIIBに加盟したいとの意思表示だ。
当然、二階の判断だけで言える事ではない。安倍首相も同様の考えを持っていると思われる。オバマ政権時代には、日本と米国は加盟しないことを密約していた。これは、第一に、中国の人民元のハードカレンシー化を押さえようとの理由からだった。

AIIB、シルクロード基金、一帯一路構想は、部署が違うという隠れ蓑を着ているが、実際は、中国という国が主導で行っている以上、三位一体の物だ。そこにのこのこ出て行っている二階は、中国のマスコミにも持て囃されているが、中には、懐疑的な見方をする中国の一部のエコノミストもいるようだ。

EU西側諸国もかなりの数が、参加拒否や署名を見送るなか、この二階のキチガイじみた行動は、絶対に阻止しなければならなかった。国家元首が参加するのは29カ国で、先進7カ国(G7)メンバーの欧州諸国でフォーラムに首脳が参加したのはイタリアのイタリアのジェンティローニ首相だけ。英仏独は見送り。ロシアはプーチン大統領、米国、北朝鮮は代表断を送った。

これが、安倍政権の実態。
 

「一帯一路経済構想」というのは、中国式グローバル経済
中国式の経済を世界に押しつける=中国しか儲からない経済。

シルクロード経済圏構想は、港と陸路の構想。一方、TPPは、海を隔てた経済圏構想。
 

経済破綻をしたギリシャは、IMFとEUの監督で財政再建中。この弱った国をまたも、中国の国営企業「中国遠洋運輸集団」が、ギリシャにある地中海最大級のピレウス港をたった450億円程度で、買い取った。そこに同額程度の投資をして、港湾を整備し、軍港化する。

このピレウス港は、深さもあって、大型船舶も問題なく停泊できる良港だ。世界の港を買いあさる中国の計画にピッタリの場所だ。
これは、完全にソフトインベージョン、緩やかに侵略して行くやり方だ。バローチスタン問題のグワダル港とも酷似している。


当然、中国は欧州征服のための軍港として使用するのは目に見えている。これが、成功すれば、経済が良くない国の港を買いあさることが目に見えている。中国は、12兆5千億円を拠出すると言っている。


これに日本が荷担していること自体が信じられない。島国の日本には、何のメリットもないどころか、国内の製造業を確実に全て殺すことになる。これが、自民党がやりたいことであれば、自民党から政権を剥奪する必要がある。

全く危機感がない安倍内閣は、いつまで、日本を切り売りするつもりなのか?



o0480027013298646633.jpg



20150511-00000006-wordleaf-001-26-view.jpg




2ff61d4c.jpg


1200px-Port_of_Piraeus.jpg


salonikis.jpg

関連動画

スポンサーサイト

コメント

支那の蛮行に加担してはいけない。

一帯一路構想のルートで、支那は軍事侵攻・環境破壊・民族浄化や弾圧を行っています。
このような構想に日本は絶対に参加すべきではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FAKEBOOK BUSTER

Author:FAKEBOOK BUSTER
国際政治アナリストですが、国内問題や反日左翼、パヨクなどについても書きます。