FC2ブログ

記事一覧

【FAKEBOOK BUSTER】産経新聞までもがフェイクニュースに手を染め始めた 2020/1/11



最近の産経新聞には自殺願望がある




約1年半ほど前から、従来、産経新聞で保守的な記事を書いていた凄腕記者たちは一様に左遷され、第一線には経験が浅い記者が配置され始めた。

 従来のこれら凄腕記者たちは、月刊正論や文書管理部門へ「飛ばされた」と言える。

 複数の産経新聞の内部からの情報によれば、「保守的な記事を書いていては広告収入が増えない」との一部上層部の判断で、約1年半ほど前に、かなりの記者の入れ替えが行われた。 

そして、現在は、今回のように明らかなフェイクニュースを垂れ流す三流紙に成り下がろうとしている。
果たして、広告収入は増えたのか?


答えは「NO!」だ。


逆に従来は、文化面に力を入れて、ニュースは中立だった讀賣新聞が歴史戦に参戦する見込みである。




安倍総裁は小泉進次郎にそんな事は言ってない

1月7日の産経新聞の記事のタイトルは、 
『首相「梅や梨…小泉さんらが収穫を」 任期後、ポスト安倍に託す意向』であった。
明らかなデマ記事である。


安倍晋三自由民主党総裁は、「こういうものの収穫は、正にここにいる皆さんが中心になって収穫を得てもらいたいと思うわけでございますがと言っているだけだ。 

どこにも、小泉進次郎の話など出ていない。出したとしたら、逆にさまざまな議員から批判を受けるはずだ。 

産経新聞よ。君たちの方針は、完全に間違っている。
軌道修正は、早い方が良い。

産経新聞が朝日新聞と同じことをやったら、生きる道は残されていない。

5:25付近から見ていただければ明らかにデマだとわかる。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 




↓産経新聞フェイクニュース記事↓
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FAKEBOOK BUSTER

Author:FAKEBOOK BUSTER
国際政治アナリストですが、国内問題や反日組織、破翼、卑翼などについても書きます。