記事一覧

結愛ちゃん殺害の容疑者が大麻所持で再送検 子供の連れ去りに荷担する悪徳弁護士 2018/07/12

 以前のエントリーで子供の連れ去りと、東京都目黒区のアパートで3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)の事を取りあげた。今、改めて読んでも、胸が締め付けられそうだ。

E.jpg 



子供の連れ去りは誰が仕組んでいるのか?


 昨年から、この子供の連れ去りを調べ初め、数十人の被害者に個別面談、聞き取りをし、国会議員への陳情なども数回行って来ているが、そんな中、その裏側にいる破翼弁護士達が、ユニオン問題、慰安婦問題、成年後見人問題など、被害者の立場を作り上げ、それを食い物にしている連中と、多くの部分で重複していることが徐々にわかってきた。そして、行き着く先は、またも、あの反日の巣窟である西早稲田2-3-18なのだ。

 これらの連中は、35年程前から、国連を利用したマッチポンプで日本を貶め続けてきている。中には国連周辺に事務所を構えて、日本叩きに専念しているNGOなども現存する。



国連人権理事会に日本からは初の子供の連れ去りを持ち込む


 この裏側がわかったからには、先に国連で手を打つ必要があると考え、早速、国連に先手を打つために6月21日からスイスのジュネーブにある国連に行ってきた。

 第38回国連人権理事会で、この子供の連れ去り問題に関して、この問題がどのような問題なのかを説明した。これは、私の今後のこの件に関する活動の中のあくまでも初期の初期の「トリガー(引き金)」である。これから、私の考えている方向へ強力に展開して行く為の最初の一歩である。そして、この西早稲田界隈の破翼弁護士などを先に牽制しておくのが今回の目的であった。

日本語字幕【子供の連れ去り問題】第38会期 国連人権理事会 藤木俊一氏の発言



想像を遙かに超える反響


 この件を国連で発言したことにより、日本国内のみならず、海外の被害者や、その被害者を援護する団体かど、多くの方々から連絡をいただいている。そして、既に海外の人権団体との協力体制も構築しつつある。連れ去り被害者は、日本だけに留まらず、海外にも多く存在する。

 そして、今後は、徹底的にこの壮大な子供の人権蹂躙、そして、連れ去られた被害者の人権蹂躙に関して、関係各所に対して異議を申し立てる予定にしている。

 従来は、破翼が国連を利用し、外圧を作り出して、自分達の利益と日本破壊のための工作を行って来ているが、そうであれば、同じように国連を利用して、外圧を利用して法改正を行うというのも、私が考えているいくつかの方法の1つになり得る訳だ。これを今後、強力に推し進めて行く予定である。そして、1日も早く、被害者の方々が、自分の子供を笑顔で自分の腕に抱ける日が来るようにしたいと言うのが、私のこの問題に対する最終目的である。愛する子供と会えないのは、自分の片手や片足を取られたのと同様だ。



人権派弁護士・国際人権NGOの偽善


 人権派弁護士と言われる連中や、国際人権NGOなどと、看板だけデカイ能無しNGOやNPOどもは、この子供の人権や、連れ去られた側の親の人権に関しては、ダンマリを決め込んでいる。何故なのか? 結局は、経済的利益の為に「人権」を自分達の良いように利用しているだけなのだ。本当の意味での人権侵害になど、興味がないことが明確にわかる良い例だろう。

なぜなら、この人権派弁護士や人権NGOが、その子供の連れ去りに荷担している側であるからだ。

英語語字幕【子供の連れ去り問題】第38会期 国連人権理事会 藤木俊一氏の発言

Shun Fujiki - Child Abduction issue - 38th UN Human Rights Council Meeting General Debate Item3






自分の子供を連れ去られた被害者はどうなるのか?


 子供をお持ちの方は考えて欲しい。ある日突然、貴方の妻や夫が子供と共に消えて、音信不通になったらどうなるだろうと。

 何か事件に巻き込まれたのか?変な宗教の被害者になったのか?どこかで事故にでも遭っているのか?車ごと海に転落したのではないか?など、様々な最悪のシナリオが頭をよぎると思う。

 しかし、この子供の連れ去りの場合は、警察に捜索を依頼しても、市役所に行っても、子供が通っていた保育園に行っても、皆、まともに取り合ってくれない。

 仕事も出来ずに、半狂乱になりながら探し回った挙げ句、徐々に「何かおかしい」と気が付くことになる。それは、警察が「捜索願を受理しない」あたりからであろう。ここで、ようやく「もしかしたら、自分はDVの加害者になっているのかも」と、勘が良い人なら気が付くことになる。連れ去られて1~2週間の内だろう。しかし、その間に仕事はできないし、精神的に多きなダメージを受け、場合によっては、自殺したケースもある。



子供の連れ去りが起きる原因は?


 さて、この連れ去りが起きる原因には、弁護士事務所のうたい文句や、女性向けの雑誌、「離婚マニュアル」のようなタイトルの本、そして、貴方の配偶者にフラワーアレンジメント教室やヨガ教室などの習い事の教室などで、上手く擦り寄って「知り合いになる人たち」などが考えられる。

 一昨日、私の信頼する弁護士で、友人の事件の代理人をお願いしてる弁護士と、東京地裁で落ち合った。友人の事件の「当事者尋問」の期日であったので、傍聴に行ってきた。見事な尋問だった。
 被告への尋問をする彼に対し、被告は敵対心剥き出しになっていた。そして、被告へは、裁判官からも様々な質問が投げかけられたが、まともに答えられないどころか、自ら墓穴を掘ってくれていた。

 私の知り合いのこの弁護士は、正に米国の映画に出てくるような尋問のスタイルで、今までに数々の裁判を経験し、また、傍聴も行って来た私から見ても、非常に有能であることが理解出来るお手本の様な尋問であった。

 公判が終わり、その弁護士と原告の友人と3人で弁護士会館の喫茶店で、子供の連れ去りに関してゆっくり話を聞いてみた。従来も、何度か相談しながら進めているが、私の抱える疑問をいくつか投げかけてみた。



弁護士選びも鍵


 彼は、大学を卒業し、5年間の社会経験を積んで、そこから司法試験の勉強をして弁護士になっただけあって、一般社会の常識と法曹界の常識の違いを明確に把握していて、そのギャップを鋭く見ている弁護士である。そこが、私がこの弁護士を信用している大きな理由でもある。一般的には、大学から司法試験、そして、すぐに弁護士というパターンが多いので、社会経験がないために極端に一般常識に欠けている弁護士が多いからだ。

 その彼は、以前に、子供の連れ去りの被害者の弁護を行い、子供を取り返した経験がある弁護士でもある。

 その方法は、受任後短時間で必要な準備をした後に間髪入れずに「保全命令」を取り付け「強制執行」にまで持って行ったとの事だった。子供がまるで「物扱い」であるが、しかし、法理論はどうであれ、子供を取り返せたと言うのは、そんなに多くある話ではない。要するに裁判所の執行官が子供を取りに行く訳である。

 この弁護士の話では、これが出来るのは、連れ去られて1週間以内くらいでなければ難しいとのことだ。理由は、「継続性の原則」といい、連れ去っても、ある一定期間、子供が問題なく保育所や学校に通っている上に、身体的にも虐待を受けていないなどであれば、現状を維持する判決を裁判所が出すからに他ならない。なので、ある一定期間は、裁判官にもよるだろうが、早ければ早いほど、取り返せる可能性が高いと言えるようだ。



先週の聞き取り調査


 子供の連れ去りの被害者からの相談は多い。何故なら、必ずと言って良いくらいに連れ去った側の弁護士が有名な「連れ去り弁護士」として、ネット上などに名前が上がっている弁護士でもあるためであろう。正義を守るのが弁護士であると一般の方々は思われるでしょうが、弁護士も人間です。法律を勉強し、そのループホールを自らの利益の為に利用する弁護士もいると言うことです。

 私は、できる限り、被害者の方々と実際にお会いして、話を聞くようにしている。その時に見る点がいくつかある。一般的な連れ去られた状況などだけではなく、話し方、目の動き、精神状態、自己調査の進度、緊急度、法的知識その他、様々な角度から見る必要がある。


先週は、相談を持ちかけてこられた中の3名の被害者の方々に直接お会いした。
その中に、一人の日本に住むキューバ人女性からの依頼があり、聞き取りを行った。
たまたま、私の住む地域から車で30分くらいの場所だった。

 彼女の場合は、ハーグ条約に違反する問題で、かなり複雑なので、内容は割愛するが、彼女は、市役所、キューバ大使館、そして「法テラス」へ相談したそうだ。

 彼女は、日系3世の在日ペルー人(再婚)と日本で結婚したそうだ。そして、女の子一人授かり、人生で一番嬉しい出来事だったと言っていた。

 しかし、ほぼ一文無しの状態で日系3世の在日ペルー人(再婚)に家を追い出され、子供を国外に連れ去られているケースだった。先々週から、やっと英語の教師の仕事に就いたが、そこに通う電車賃にも困り、熱い中、汗を掻きながら、何駅も歩いて、電車代を節約して通勤しているが、最初の給料がもらえるのが8月末だと言うことで、途方に暮れている状態だった。

 彼女は、追い出された当時、約15万円を持っていたそうだが、法テラスに行って、弁護士に相談すると、その弁護士が、力になると言ったので、なけなしの15万円の中から言われた金額の13万円を支払ったとの事だった。そのせいで、2万円しか残っておらず、約2ヶ月を過ごさなければならない状況に追い込まれているのだそうだ。

 さらに問題なのが、受任した弁護士は、夫に対してメールを1通、電話を1回掛けただけで、この13万円分の仕事は終わったので、継続する場合は、追加料金が必要だと言われたとの事であった。

 まず、私が電話で相談を受けた時点で、「法テラス」という名称が出てきたので、これは、マズイと思ったが、案の定であった。法テラスは、連れ去り側であると言っても過言ではない位に、この子供の連れ去り問題の加害者側に付いているからだ。要するにこの依頼者の敵の組織であると言っても良い訳だ。そして、その敵に対してなけなしの13万円を支払ったという悲惨な状況なのだ。

まさに、水に落ちた犬は棒で叩けという某国の諺(ことわざ)そのものだ。これが、悪徳弁護士なのだ。


船戸結愛ちゃんの継父による殺害事件と子供の連れ去り問題


 さて、以前のエントリーで、継父に殺害された船戸結愛ちゃん(当時5歳)に関して書いたが、この殺害をした継父が大麻所持容疑で再送検されたそうだ。

 2018.7.11 12:27 産経新聞
 東京都目黒区のアパートで船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡した事件で、保護責任者遺棄致死と傷害の罪で起訴された父親の雄大被告(33)が自宅アパートの居室内で乾燥大麻を所持していたとして、警視庁碑文谷署が11日、大麻取締法違反(所持)容疑で追送検したことが同署への取材で分かった。雄大容疑者は調べに黙秘しており、同署は検察に起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたとみられる。
 雄大容疑者が結愛ちゃんへの傷害容疑で逮捕された今年3月、アパートを家宅捜索した際に、雄大容疑者のバッグから乾燥大麻数グラム入りのポリ袋を発見。他に指定薬物を含む液体数ミリグラム入りの瓶1本も見つかっていた。


 結愛ちゃんの実父がどのような人で、離婚の条件や親権争いがあったのかなかったのかの一切の情報がないので不明だが、それでも、実父と、定期的に結愛ちゃんが会える体制であれば、結愛ちゃんが実父に助けを求めることも出来ただろうし、実父が、結愛ちゃんの変化や痩せ具合、体の傷などを見つける事ができたかも知れないと思うと、離婚後も、特別な場合や、本来の意味での事件性がない場合は、子供に頻繁に会えるような法制度が必要だと考える。

 そのためにも、21世紀の世の中で、それも日本という先進国でこのような人権侵害が行われていることは、恥ずべき事であり、直ちに法整備をして、子供の人権、親の人権が十分に守られるようにするべきだと考える。結愛ちゃんの犠牲を無駄にしないためにも、この問題の早期解決に尽力しようと考えている。


D.jpg 
B.jpg 

A.png 

写真は結愛ちゃんを虐待の上に殺害した船戸雄大被告(33)
画像1 



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FAKEBOOK BUSTER

Author:FAKEBOOK BUSTER
国際政治アナリストですが、国内問題や反日組織、破翼、卑翼などについても書きます。